一生懸命【いっしょうけんめい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一生懸命

【読み方】
いっしょうけんめい

日本漢字能力検定
2級

【意味】
懸命(けんめい)とは、生命をかける事。そこから、ものごとを、大変熱心にする様子。命がけで事に当たること、また、その様。

【語源由来】
元々は、一所懸命(いっしょけんめい)と書き、武士が、主君からもらった領地を命がけで守ったことを言ったため。一所とはもらった一ヶ所のことをいう。発音が似ていることから一生とも書かれるようになり、今では一生懸命(いっしょうけんめい)と書くことが多い。

一生懸命でも一所懸命でもどちらを書いても間違いではなく、意味も同じ

【類義語】
・一所懸命(いっしょけんめい)
・誠心誠意(せいしんせいい)
・一心一意(いっしんいちい)
・一意専心(いちいせんしん)

【英語訳】
hard
do one’s best

英語例文
一生懸命勉強をした
I studied as hard as I can.
英語のas hard as one can/do one’s bestはどちらも最善を尽くすという意味に近い

一生懸命(いっしょうけんめい)の使い方

ともこ
試験はどうだった?
健太
ダメだったよ…
ともこ
どうして??昨日あんなに勉強してたのに
健太
一生懸命勉強したところテストに出なかったんだ

一生懸命(いっしょうけんめい)の例文

  1. 明日の試験のために寝ないで一生懸命勉強した。
  2. 彼の一生懸命取り組む姿に感動した。
  3. 一生懸命生きている人が好きだ。
  4. 何事も一生懸命にやらなければ意味がない。

まとめ

普段からとてもよく使う言葉の一生懸命(いっしょうけんめい)の由来は、武士が主君より頂いた領地を守るために命をかけたことからできています。物事に対し、命をかけて取り組むということ、またはそれほどに集中し熱心に取り組むということです。今の時代では実際に命をかけるということはなかなかないですが、難しいと思えることがたくさんある中で、一生懸命にそれに対応することこそが大事なことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事