前言往行【ぜんげんおうこう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
前言往行

【読み方】
ぜんげんおうこう

【意味】
いにしえの聖人・賢者の残した言葉や行い。
「前言」は古人の言い残した言葉、前おきとしてのべる言葉。
「往行」は古人の足跡、聖人・賢者の行いのこと。

「前言往行を読む楽しみ」などと表現する。

【語源・由来】
出典:易経(えききょう) 四書五経
『大畜(たいちく) 君子は以って多く前言往行を識(しる)して 以ってその徳を畜(やしな)う』
君子は先人が残してくれた言葉や行いから学び、自分の徳を養う

【類義語】
・管仲随馬(かんちゅうずいば)
・温故知新(おんこちしん)

【英語訳】
・words and deeds of the people of yore

【スポンサーリンク】

前言往行(ぜんげんおうこう)の使い方

ともこ
健太君は歴史上の人物で誰が好き?
健太
どの時代でもいいの? だったら、飛鳥時代の大物政治家である聖徳太子だね。彼の前言往行は学ぶところが多いよ。
ともこ
例えば?
健太
「一人断らずべからず、必ず衆と共に宜しく論ずべし」とかね。物事は一人で判断してはならない、皆で論議して判断するべきだ、とね。民主主義の先駆けだよ! そう思わないかい?

前言往行(ぜんげんおうこう)の例文

  1. 大晦日に聞こえる除夜の鐘は百八回鳴らされる。これは、人間の煩悩の数と言われ、それを取り除くための前言往行の儀式のようなものなのだ。
  2. 心が迷った時は言往行、古人の教えに耳を傾けると良い。
  3. 昨今の若者は前言往行など無視しているようだ。と言うか、きっと意味を読み解けないのだろうな。もったいないことだ。
  4. 名誉よりも知恵や徳を重要視した聖人の前言往行を学べるのは、幸せなことである。
  5. 日本における祭りの文化は古くからのしきたりや風習、様々な願いや教えがこめられた前言往行である。次の世代へ継承するために、意味を理解したい。
  6. この本には中国の偉人達の前言往行が記されている。
  7. 「汝の敵を愛せよ」とは聖書にしるされた前言往行である。自分を迫害する者にこそ慈愛をもって接するようにという、イエス・キリストの言葉とされている。

まとめ

すでに生きた人の教えや行いは説得力がある。
裁判では過去の判例から学ぶように、人は過去の結果から学ぶものだ。
その時に目標となるのは、やはり偉人や聖人と呼ばれる人達の尊い行いや言葉なのである。
古の世界にひたって、前言往行を研究するのは贅沢な楽しみと言えるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事