竜跳虎臥【りょうちょうこが】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
竜跳虎臥

【読み方】
りょうちょうこが

「りゅうちょうこが」とも読む。

【意味】
筆に勢いがあり、自由でのびのびしている様子のたとえ。

【語源・由来】
「法書要録」哀昂「古今書評」より。筆の勢いを竜が天に伸び上がったり、虎が地に伏したりする様子にたとえた言葉。元は、中国の南北朝時代の梁の武帝が、晋の王羲之の書を褒め称えた言葉。


竜跳虎臥(りょうちょうこが)の使い方

ともこ
健太くんの「元気」という文字は、竜跳虎臥ね。本当に元気いっぱいな字で、とてもいいわ。
健太
本当?先生に、上手に書こうと思わずに、元気よく書きなさいって言われたんだ。
ともこ
先生の言う通りだわ。健太くんの元気の良さがのびとびとした字から伝わってくるもの。
健太
僕は天才書道家になることが出来るかもしれないぞ!

竜跳虎臥(りょうちょうこが)の例文

  1. 今日のともこちゃんは調子が良いようで、書く文字すべてが、竜跳虎臥、生き生きとしています。
  2. 著名な人が揮毫したわが校の校訓は、竜跳虎臥、校風通りのびのびとしています。
  3. 子供の書いた文字は、竜跳虎臥、とても素直でいい文字です。
  4. この字は竜跳虎臥、自由で見ているだけで元気になる字だから、これを金賞にしましょう。
  5. 彼女が書く字は、お手本通りではないけれど、竜跳虎臥、のびのびしていて実にいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事