魚菽之祭【ぎょしゅくのまつり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
魚菽之祭

【読み方】
ぎょしゅくのまつり

【意味】
粗末な祭りのこと。

【語源・由来】
「春秋公羊伝」哀公六年より。「菽」は豆類の食べ物。魚や豆類などの普段食べている食べ物を供える祭りということから。

【スポンサーリンク】

魚菽之祭(ぎょしゅくのまつり)の使い方

健太
今日のお祭りは、屋台が出ないの?魚菽之祭だなあ。
ともこ
お祭りは、神様に五穀豊穣を感謝するものであって、屋台でリンゴ飴を買う日じゃないのよ。
健太
それは分かっているけれども、お祭りだって聞いていたから、チョコバナナを買う気満々だったんだよ。
ともこ
家で、チョコバナナを作ってあげるわ。だから気を取り直してお参りをしていきましょう。

魚菽之祭(ぎょしゅくのまつり)の例文

  1. 疫病がはやるなんて、魚菽之祭だったことに神様が怒ったに違いありません。
  2. 魚菽之祭でも気持ちがこもっていれば神様に伝わるものです。
  3. 今年は不作で魚菽之祭になりましたが、来年は盛大なお祭りにするために神様にお祈りします。
  4. 例年魚菽之祭ですが、四年に一度だけ、朝まで神輿を担いで練り歩く盛大な祭りが行われます。
  5. 今年は災害が多かったので魚菽之祭ではなく、神様への供物を豪華にして祈りをささげることにしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事