窮途末路【きゅうとまつろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
窮途末路

【読み方】
きゅうとまつろ

日本漢字能力検定
2級

【意味】
苦しい境遇や困難から逃げることが出来ない様子。または、そのような状態で困り果てること。

【語源・由来】
「窮途」は先のない道、「末路」は道の終わりのことで、道がないために、どこにも行くことができないという意味から。

【類義語】
・絶体絶命(ぜったいぜつめい)
・山窮水尽(さんきゅうすいじん)
・末路窮途(まつろきゅうと)


窮途末路(きゅうとまつろ)の使い方

健太
ともこちゃんが大好きだった俳優さんが事件を起こしたよね。
ともこ
そうなの。窮途末路、俳優生命の危機よ。
健太
世間の声は厳しいものだし、当分表舞台に戻ることはできないね。
ともこ
でも、またいつかスクリーンで見ることが出来る日が来るって信じているわ。

窮途末路(きゅうとまつろ)の例文

  1. 守護神、健太くんが招いたピンチだったけれども、ベテラン捕手、ともこちゃんが窮途末路のピンチを救いました。
  2. 窮途末路の苦境に追い込まれ、もう、どうしていいのか冷静に判断することすらできません。
  3. 窮途末路の暮らしで、今日を生き延びることで精一杯です。
  4. 窮途末路の僕を救ってくれたのは、ともこちゃんの知恵でした。
  5. 窮途末路、進退窮まりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事