叙位叙勲【じょいじょくん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
叙位叙勲

【読み方】
じょいじょくん

日本漢字能力検定
2級

【意味】
位を授けたり、勲等により勲記・勲章を授けたりすること。また、位を与えられたり、勲記・勲章を与えられたりすること。

【語源・由来】
「叙」は授けるという意味。


叙位叙勲(じょいじょくん)の使い方

健太
おじいちゃんが、今度、叙位叙勲されることになったんだよ。
ともこ
へえ。健太くんのおじいちゃんは会社の社長として、利益追求と並行して社会貢献に力を入れていたもんね。
健太
そうなんだ。その功績が認められたんだよ。
ともこ
健太くん、いつまでもテストで0点をとっていたら、立派なおじいちゃんの孫として恥ずかしいわよ。

叙位叙勲(じょいじょくん)の例文

  1. あのいつまでもおねしょをしていた健太くんが叙位叙勲されるなんて、とても信じられない。
  2. 叙位叙勲されたともこちゃんに電報を送ろうと思っています。
  3. おじいちゃんは叙位叙勲されたので、後世にまで尊敬され、銅像が建てられました。
  4. 彼の企業活動は、海外のイギリスの女王にまで認められ、叙位叙勲されることになりました。
  5. 今年ももうすぐ、叙位叙勲される人々の名前が発表される時期が来ますね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事