覇王之輔【はおうのほ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
覇王之輔

【読み方】
はおうのほ

【意味】
最も強くて力がある補佐役のこと。

【語源・由来】
「覇王」は覇者と王者のこと。「輔」はたすけ・力添えという意味。

【典拠・出典】
史記』「斉太公世家」

【類義語】
阿衡之佐(あこうのさ)


覇王之輔(はおうのほ)の使い方

ともこ
今の総理大臣は、官房長官である覇王之輔がいるから長期政権でいられるのよね。
健太
そうだったのか。なんであんなに頼りなさそうな人が、ずっと総理大臣をやっていられるのか不思議だったんだよ。
ともこ
覇王之輔に裏切られたり見限られたら、総理大臣はおしまいだと思うわ。
健太
そうだろうね。

覇王之輔(はおうのほ)の例文

  1. 黒田勘兵衛が私の覇王之輔だったら、私の会社は今頃大成功をおさめているだろう。
  2. 優秀な覇王之輔と運命の出会いをしてみたいが、出会えるような強運の持ち主はもともと成功する星の下に生まれているんだろう。
  3. すべては王の実力よりも覇王之輔次第です。
  4. 私にもあの武将のような覇王之輔がいたら、天下をとっていたかもしれないのにな。
  5. 忠義心に厚く、信頼できる覇王之輔がいるから、思い切った政策を打ち出すことができるのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索