八万奈落【はちまんならく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
八万奈落

【読み方】
はちまんならく

【意味】
仏語。煩悩 (ぼんのう) のために受ける数多くの苦しみを、地獄にたとえていう語。

【語源・由来】
『戦国策』「魏策」


八万奈落(はちまんならく)の使い方

健太
ああー。まるで八万奈落をさまよっているようだ。苦しい。
ともこ
除夜の鐘をついたら、煩悩が消えて楽になるかもしれないわよ。
健太
そうだね。除夜の鐘をつきに行ってみるよ。
ともこ
全ての煩悩から解放されるといいわね。

八万奈落(はちまんならく)の例文

  1. 煩悩の塊である健太くんは、八万奈落のごとき苦しみを味わっている。
  2. ともこちゃんは、一切の煩悩を捨て去ったので、八万奈落の苦しみがわからない。
  3. 煩悩を抱えている限り、生きている間は八万奈落の苦とともにあり、死してなお、地獄で苦しむ。
  4. 八万奈落から解放されるために、座禅を組みに行きました。
  5. 心を無にする事で、八万奈落から解き放たれる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事