被褐懐玉【ひかつかいぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
被褐懐玉

【読み方】
ひかつかいぎょく

「褐を被(こうむ)り玉を懐(いだ)く」とも読む。
日本漢字能力検定
準2級

【意味】
すぐれた才能を包み隠しているたとえ。

【語源・由来】
『老子』「七〇章」より。うわべは粗末な服を着ていながら、実はふところに玉を隠し持っていること。すぐれた才能がありながら、それを表にあらわさないということ。「褐」は貧しい人が着る粗末な衣服。

【類義語】
・自己韜晦(じことうかい)
・韜光晦迹(とうこうかいせき)
・大智不知(だいちふち)


被褐懐玉(ひかつかいぎょく)の使い方

健太
あそこで道に迷っている外国人の女性がいるね。
ともこ
そうね。道を教えてくるわ。
健太
・・・ともこちゃん、英語が堪能なんだね。被褐懐玉とはともこちゃんのことだね。
ともこ
隠していたわけではないのよ。日本にいると使う機会が少ないからね。

被褐懐玉(ひかつかいぎょく)の例文

  1. ともこちゃんは謙虚なので、被褐懐玉、自分の才能をひけらかさず秘めたままにしています。
  2. 健太くんは被褐懐玉、いつもぼんやりしているけれども、実はすごい才能を持っています。
  3. 授業中居眠りしているともこちゃんが中間テストで一位だなんて、被褐懐玉って本当だね。
  4. 被褐懐玉、自慢しすぎるのはよくないことです。
  5. 日本人は、被褐懐玉が美徳だと考えます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事