能鷹隠爪【のうよういんそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
能鷹隠爪

【読み方】
のうよういんそう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人よりすぐれた能力を持つ人はその力量をやたらに人前で誇示するようなことはしないということ。

【語源・由来】
「能鷹」は才能のある人のたとえ。「隠爪」力量をやたらに誇示しない奥ゆかしい態度をいう。


能鷹隠爪(のうよういんそう)の使い方

健太
ともこちゃん。とても上手に英語を話すことができるんだね。ともこちゃんに道を訊ねた外国の人は、ものすごく感謝していたよ。
ともこ
実は英語を話すことができるのよ。
健太
全然知らなかったよ。なんでそのことを隠していたの?
ともこ
能鷹隠爪っていうじゃないの。あえて言うことじゃないでしょう?

能鷹隠爪(のうよういんそう)の例文

  1. なまけものの健太くんにそんな才能があったなんて能鷹隠爪だね。
  2. 能鷹隠爪というじゃないか、自慢はよくないよ。
  3. 本当に優秀な人は能鷹隠爪、健太くんのようにひけらかしたりしないんだよ。
  4. ともこちゃんはおとなしくいつも健太くんの後ろに隠れているような女の子だけど、能鷹隠爪、実は知る人ぞ知る有名なピアニストなんです。
  5. 能鷹隠爪、こんなに近くにいたのに健太くんの才能について知らなかったよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事