一人天下【ひとりてんか】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
一人天下

【読み方】
ひとりてんか

「ひとりでんか」とも言う。

【意味】
一人で思うように振る舞い他にこれを押さえる者がないこと。


一人天下(ひとりてんか)の使い方

健太
今度の選挙は現市長が再出馬をするようだね。
ともこ
対抗馬が、現市長の人気に怯んで出馬しないようなのよ。
健太
一人天下で当確かあ。
ともこ
一人天下で調子に乗らないといいけどね。

一人天下(ひとりてんか)の例文

  1. ともこちゃんは、上に兄が四人いる末っ子の長女なので、皆にかわいがられ一人天下でした。
  2. 早熟な健太くんは、なんでもそつなくこなし一人天下だったが、周囲の子の成長が追い付いてくるとそうでもなくなってきた。
  3. 一人天下がいつまでも続くと思っていたら痛い目を見る。
  4. 日本にタピオカドリンクの店を最初に作ったわが社は、当初は一人天下だった。
  5. ここ数年の文学賞は健太くんが総なめにして、一人天下だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事