麻姑掻痒【まこそうよう】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】
麻姑掻痒

【読み方】
まこそうよう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
物事が思いのままになること。

【語源・由来】
『神仙伝』「麻姑」より。「麻姑」は中国伝説の仙女。鳥のような長い爪をもつという。「掻痒」はかゆいところをかくこと。
漢の桓帝のころ蔡経という者が麻姑の長い爪で背中をかかせたら、さぞ気持ちがよいだろうと秘かに思ったという故事から。

【対義語】
・隔靴掻痒(かっかそうよう)


麻姑掻痒(まこそうよう)の使い方

ともこ
このホテルのサービスは麻姑掻痒でとても人気があるんですって。
健太
へえ。僕も泊まってみたいなあ。
ともこ
20年連続日本ナンバーワンをとっているんだけど、料金もナンバーワンよ。
健太
泊まるのは二十年先の僕でも無理かもしれないな。

麻姑掻痒(まこそうよう)の例文

  1. このお店は麻姑掻痒で、人気があるのがうなづけます。
  2. 麻姑掻痒とはいいがたいこんなサービスで客が満足すると思うのか。
  3. 今回採用した秘書は、麻姑掻痒の素晴らしい人材でした。
  4. 麻姑掻痒の素晴らしく気が利く看護師さんがついてくれたので、入院生活は快適でした。
  5. どうせ結婚するなら麻姑掻痒な奥さんがいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事