北面稽首【ほくめんけいしゅ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
北面稽首

【読み方】
ほくめんけいしゅ

【意味】
北側を向いて敬礼すること。相手に対し、臣下の位置について、頭を地面につけて敬礼すること。

「北面」は、北向きに座ること。転じて、臣下の位置にいること。君主が南向きに座るのに対し、臣下は礼として北向きに座るのでいう。「稽首」は、頭を地面につけて敬礼すること。また、その敬礼。

【類義語】
・跪座低頭(きざていとう)
・平伏叩頭(へいふくこうとう)
・匍匐膝行(ほふくしっこう)


北面稽首(ほくめんけいしゅ)の使い方

ともこ
健太くん頭が高い。あの人に対して北面稽首して。
健太
そんなに偉い人なの?
ともこ
お忍びで来日している国王よ。
健太
そんなにすごい人がなぜこんな所に。

北面稽首(ほくめんけいしゅ)の例文

  1. 天皇陛下に対して北面稽首しました。
  2. 北面稽首して敬意を示しました。
  3. プライドの塊である彼でさえ北面稽首したのだから、我々もせざるを得ない。
  4. 弱冠5歳の皇帝に北面稽首するなんてまっぴらごめんだね。
  5. 北面稽首することで、平和が保たれるならどれだけでも頭を垂れよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事