忘憂之物【ぼうゆうのもの】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
忘憂之物

【読み方】
ぼうゆうのもの

【意味】
憂いを忘れさせてくれる意から、酒の美称。

【語源・由来】
陶潜「飲酒」「此の忘憂の物に汎かべて、我が世を遺るるの情を遠くす」による。

【類義語】
・天之美禄(てんのびろく)
・百薬之長(ひゃくやくのちょう)


忘憂之物(ぼうゆうのもの)の使い方

健太
昨日、父さんが、忘憂之物をこっそり飲んで、母さんに怒られていたんだよ。
ともこ
お医者様に禁止されてるの?
健太
そうなんだ。家族の心配をよそに忘憂之物を飲んじゃうなんてだめだよね。
ともこ
そうね。忘憂之物にタバスコを入れておけば、二度と飲まないんじゃないかしら。

忘憂之物(ぼうゆうのもの)の例文

  1. 忘憂之物は、僕の心の友と言っていいほど、僕を支えてくれる。
  2. 悩みを忘れるには忘憂之物は最高だ。
  3. 忘憂之物を飲んでも飲まれるな。
  4. この世から忘憂之物がなくなったら、僕の生きがいはなくなってしまう。
  5. 結婚するまでは、友人と忘憂之物を飲んで憂さ晴らしをしたものだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事