奔逸絶塵【ほんいつぜつじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
奔逸絶塵

「奔佚絶塵」とも書く。

【読み方】
ほんいつぜつじん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
非常にはやく走ること。

【語源・由来】
『荘子』「田子方」より。「奔逸」は走り逃げること。「絶塵」は塵ひとつ立てずに速く走ること。

【類義語】
・韋駄天走(いだてんばしり)


奔逸絶塵(ほんいつぜつじん)の使い方

ともこ
今の世界記録の走りを見た?
健太
見たよ。見たけど奔逸絶塵であっという間に通り過ぎて行ったよ。
ともこ
速かったわね。
健太
早朝からいい場所をとっていたのに、一瞬で走り終わってしまったよ。

奔逸絶塵(ほんいつぜつじん)の例文

  1. 奔逸絶塵の健太くんが、36kmの地点で先頭集団から抜け出し新記録を更新しました。
  2. ともこちゃんの走りは、まさに奔逸絶塵、私もあんな風に、風と一体になって走ってみたいです。
  3. 奔逸絶塵といった走りを見せる健太くんは、運動会が楽しくてしょうがないようだ。
  4. 健太くんの走りは奔逸絶塵だから、今から彼に追いつこうと思ったら車を出すしかないよ。
  5. 学校一奔逸絶塵である健太くんがアンカーを務めるのだから、転ばない限りは私たちのクラスが一等賞でしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事