方正謹厳【ほうせいきんげん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
方正謹厳

【読み方】
ほうせいきんげん

【意味】
行いが正しくまじめで、慎み深いようす。

「方正」は、きちんとして正しいこと。「謹厳」は、慎み深くおごそかなこと。

【類義語】
・格謹精励(かっきんせいれい)
・謹厳実直(きんげんじっちょく)
・実直謹厳(じっちょくきんげん)
・精励格勤(せいれいかっきん)
・清廉格勤(せいれんかっきん)

【対義語】
・放縦懶惰(ほうしょうらんだ)


方正謹厳(ほうせいきんげん)の使い方

健太
方正謹厳なともこちゃんは、全生徒の模範だね。
ともこ
そんなことないわよ。
健太
一寸の狂いもなく校則そのもので、歩く校則だね。
ともこ
何だかうれしくないわ。

方正謹厳(ほうせいきんげん)の例文

  1. ともこちゃんは方正謹厳で先生からの信頼が厚い。
  2. 方正謹厳で勉強が好きなともこちゃんは、常に成績はトップクラスです。
  3. 健太くんは、方正謹厳からほど遠い人間でずるいところがあります。
  4. ともこちゃんの自由研究は、方正謹厳な性格が滲み出た良い出来でした。
  5. 方正謹厳なともこちゃんが学級委員長をやることにだれも反対しない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事