花紅柳緑【かこうりゅうりょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】
花紅柳緑

【読み方】
かこうりゅうりょく

【意味】
春の景色の美しいこと。色とりどりの華やかな装いや、あでやかで鮮やかな装いの形容。

【語源由来】
仏教では、花が赤く、柳が緑であるという、ありのままの姿が悟りの境地であるという。「花は紅、柳は緑」という意味。

【典拠・出典】
東坡禅喜集

【類義語】
柳緑花紅(りゅうりょくかこう)
柳暗花明(りゅうあんかめい)

【英語訳】
red blossoms and green willows.
beautiful scenery of spring;natural beauty.
beauty of nature.


花紅柳緑(かこうりゅうりょく)の使い方

健太
春になると、暖かくて気持ちがいいね。
ともこ
公園へ、一緒にお散歩しましょうよ。
健太
そうだね。花がたくさん咲いていて、青々と茂る緑もキレイだね。
ともこ
花紅柳緑の景色を愛でることができるなんて、穏やかで幸せなことね。

花紅柳緑(かこうりゅうりょく)の例文

  1. 花紅柳緑の景色を眺めることは、至福のひとときだと思う。追われるような日々の生活を忘れられるようだ。
  2. 美しい景色はたくさんあるけれど、花紅柳緑に敵うものはないと思うわ。いつまでも、眺めていたいものね。
  3. 花紅柳緑を愛でることは、春の楽しみのひとつだ。この美しさに心が洗われるような気持になる。
  4. 昔から変わらないもののひとつに、花紅柳緑というものがあるのではないだろうか。これからもずっと変わらないように、守り続けたいものだ。

まとめ

花紅柳緑というように、春の美しい景色というものは、とても素晴らしいものではないでしょうか。
特に、人の手が加えられていない自然や色には、心を奪われるような美しさがありますね。
春の美しい景色をゆっくり楽しむことで、心を豊かにしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索