蓬頭垢面【ほうとうこうめん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
蓬頭垢面

【読み方】
ほうとうこうめん

「ほうとうくめん」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
身だしなみが悪く、むさくるしいさま。

【語源・由来】
『魏書』「封軌伝」より。「蓬」はよもぎ、「蓬頭」はよもぎのようなぼさぼさの頭髪のこと。「垢面」は垢だらけの顔のこと。外見を気にしない、むさくるしいさまをいう。

【類義語】
・蓬髪垢面(ほうはつこうめん)
・蓬頭乱髪(ほうとうらんぱつ)
・敝衣破帽(へいいはぼう)
・囚首喪面(しゅうしゅそうめん)
・蓬頭赤脚(ほうとうせききゃく)


蓬頭垢面(ほうとうこうめん)の使い方

ともこ
昨日、お姉ちゃんの婚約者が、お父さんにあいさつに来たのよ。
健太
へえ。おめでたいね。それで、なんで悲しそうなの?
ともこ
相手の男性が、泊まり勤務あけで蓬頭垢面なままあいさつに来たものだから、お父さんは大激怒して追い返してしまったのよ。
健太
それは長期戦になりそうだね。

蓬頭垢面(ほうとうこうめん)の例文

  1. 健太くんは蓬頭垢面だけれども、きっと磨けば光ると思うんです。
  2. 蓬頭垢面なままでは、一生女性にもてないでしょう。
  3. 昨日までの健太くんは蓬頭垢面だったのに、急にブランド物で身を固めてきたので、みんな驚きました。
  4. 蓬頭垢面な君が告白をしても、十中八九振られるだろうね。
  5. 面接に来た男性は蓬頭垢面で、即落としました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事