桑田碧海【そうでんへきかい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
桑田碧海

【読み方】
そうでんへきかい

【意味】
世の中の変化が激しいこと。

【語源・由来】
広い大海原が干上がって桑畑になるということから。移り変わりが激しいことをいう。

【典拠・出典】
神仙伝』「麻姑」

【類義語】
滄海桑田(そうかいそうでん)
滄桑之変(そうそうのへん)
・桑海之変(そうかいのへん)
桑田滄海(そうでんそうかい)
陵谷遷貿(りょうこくせんぼう)


桑田碧海(そうでんへきかい)の使い方

健太
ここは数年前まで海だったよね。
ともこ
そうよね。埋め立て工事を始めたと思ったら、もうビルが建ち並んでいるのね。
健太
すごいよね。まさに桑田碧海だね。
ともこ
この辺りはどんどん変わっていって、昔の面影はないわよね。

桑田碧海(そうでんへきかい)の例文

  1. 小さいころ走り回っていた山林が切り開かれ、飛行場になって桑田碧海の感があります。
  2. あのマンションがある辺りに山があって、滝があったなんて誰も信じないかもしれない、まさに桑田碧海よね。
  3. この町の開発は止まることはなく、桑田碧海の感があります。
  4. さすが大都会、来るたびに変化していて桑田碧海を感じるよ。
  5. サッカーができるくらい広い原っぱだったのに、今では住宅やマンションが建っているなんて、桑田碧海だなあ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索