放蕩無頼【ほうとうぶらい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
放蕩無頼

【読み方】
ほうとうぶらい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
酒色にふけり、勝手気ままに振る舞って品行の定まらないさま。

「放蕩」はほしいままに振る舞うこと。酒色におぼれて身もちが定まらないこと。「無頼」は定職をもたず素行の悪いさま。

【類義語】
・婬虐暴戻(いんぎゃくぼうれい)
・放蕩三昧(ほうとうざんまい)
・放蕩不羈(ほうとうふき)
・流連荒亡(りゅうれんこうぼう)


放蕩無頼(ほうとうぶらい)の使い方

健太
僕のおじいちゃんは、酒と女を愛する放蕩無頼の人だったそうだよ。
ともこ
まあ。それは、おばあちゃんは苦労したでしょうね。
健太
そうなんだ。しかもおばあちゃんはおじいちゃんが大好きだったからね。大変だったと思うよ。
ともこ
今頃天国で、仲良くけんかをしているかもしれないわね。

放蕩無頼(ほうとうぶらい)の例文

  1. 彼には、放蕩無頼な息子が四人もいました。
  2. あの放蕩無頼の男に、この家を相続させる事は、いかなる理由があっても嫌です。
  3. 放蕩無頼な彼が遺産を相続したら、酒代ですぐに消えてなくなるでしょう。
  4. 放蕩無頼に身をもちくずしたために、この家を追放されたんです。
  5. 彼の放蕩無頼ぶりには苦い顔をしたけれども、何もいわなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事