浮家泛宅【ふかはんたく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
浮家泛宅

【読み方】
ふかはんたく

【意味】
船の中に住まうこと。漂泊して暮らすことから、転じて、放浪する隠者の生活。

【語源・由来】
「泛」は浮かぶ、浮かべるという意味。

【典拠・出典】
顔真卿「浪跡先生玄真子張志和碑銘」


浮家泛宅(ふかはんたく)の使い方

ともこ
健太くんは将来は何になりたいと思っているの?
健太
浮家泛宅しながら空手の修行をしたいなと思っているよ。
ともこ
日本中の空手道場を回って、道場やぶりをするつもりなの?
健太
違うよ。日本各地の強い空手家と闘って、いろんなことを学びとりたいんだよ。

浮家泛宅(ふかはんたく)の例文

  1. 彼女は浮家泛宅といった生活をしているから、今すぐ会いたいといわれても、今どこにいるのか誰にもわからないよ。
  2. 浮家泛宅のように、日本中を放浪しながら絵を描きつづけました。
  3. 兄さんは就職をせずにバックパックを背負って、世界中を回って浮家泛宅の生活をしています。
  4. 浮家泛宅の日々を送る隠者のように、健太くんは俗世を離れ、旅をして回っているようです。
  5. ともこちゃんのお兄さんは、浮家泛宅の生活をしているので、世界中のことをその目で見て聞き知っているから博識ですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索