呑炭漆身【どんたんしっしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
呑炭漆身

【読み方】
どんたんしっしん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
復讐のために、仇を討ったり、どんな苦しみや苦労もいとわないこと。

【語源・由来】
『史記』「刺客・予譲伝」より。「呑炭」は、炭を呑むこと。「漆身」は、身体に漆を塗りつけること。

【類義語】
・臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
・坐薪懸胆(ざしんけんたん)
・漆身呑炭(しっしんどんたん)


呑炭漆身(どんたんしっしん)の使い方

ともこ
健太くん。まだかたき討ちをあきらめていないの?
健太
そうなんだ。呑炭漆身してかたき討ちする日のためにがんばっているんだ。
ともこ
かたき討ちなんて無駄なことはやめて、その努力を違うことに使ったほうが健太くんの将来のためになると思うわ。
健太
そうだね。かたき討ちはあきらめて前向きに生きていくよ。

呑炭漆身(どんたんしっしん)の例文

  1. この日の復讐のために呑炭漆身してきたんです。
  2. 呑炭漆身して虎視眈々と機会をうかがっていたようです。
  3. 呑炭漆身してきましたが、今日、復讐の日を迎えました。
  4. 僕を裏切った友人に復讐するために呑炭漆身しました。
  5. 呑炭漆身し、この優秀な僕をくびにした会社に復讐しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事