普天率土【ふてんそつど】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
普天率土

「普天」は「敷天」とも書く。

【読み方】
ふてんそつど

「ふてんそっと」とも読む。
日本漢字能力検定
4級

【意味】
天のおおう限り、地のつづく限りのすべての地。王の領土のこと。

【語源・由来】
『詩経』「小雅・北山」より。「普天」は大空。「率土」は人の行くところ、土地から土地へつづくこと。「普天の下、率土の浜」の略。


普天率土(ふてんそつど)の使い方

健太
普天率土に住まう人たちすべてが平等であるべきなんだよね。
ともこ
そうよ。貧しくてもお金持ちでも、老若男女問わず命は平等であるべきよ。
健太
でも、現実的にはそうじゃないんだよね。
ともこ
理想と現実が一致するような、そんな世の中にしていきたいわよね。

普天率土(ふてんそつど)の例文

  1. 普天率土すべてを自分の国にしようと、アレキサンダー大王は戦い続けました。
  2. 未来永劫、普天率土が平和で覆われますように。
  3. 普天率土、どこを探しても鰻を嫌いな人はいないだろうと思っていました。
  4. 地球の隅から隅まで、普天率土が王様の威光で覆われていました。
  5. 普天率土から病気をなくすために、僕は医者になり研究を続けています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事