百福荘厳【ひゃくふくしょうごん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
百福荘厳

【読み方】
ひゃくふくしょうごん

「荘厳」は仏教語では「しょうごん」と読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
仏像を、数多く積んだ福で飾ること。

【語源・由来】
『法華経』より。仏教語で、「百福」は多くの福のこと。「荘厳」は仏像や殿堂などを美しく飾ること。


百福荘厳(ひゃくふくしょうごん)の使い方

健太
仏様の顔を拝んでいると、百福荘厳な顔に癒されるよね。
ともこ
たくさんの福徳を積むと、仏様のような穏やかな顔になることができるのかしらね。
健太
ともこちゃんは無理だよ。いつも鬼のような形相で怒っているんだもの。
ともこ
何ですって。誰のせいで怒っていると思っているのよ。

百福荘厳(ひゃくふくしょうごん)の例文

  1. 百福荘厳の仏様は、参拝する人たちにパワーを与えてくださります。
  2. そのお寺の仏像は、まさに百福荘厳といったお顔をされています。
  3. 百福荘厳の仏様のご尊顔は、お寺によって少しずつ個性があったりしますが、みんな神々しい。
  4. 信心深いおばあちゃんは、百福荘厳といった仏像のような顔をしています。
  5. 山門をくぐると百福荘厳の仏像が僕を出迎えてくれました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事