羊頭狗肉【ようとうくにく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
羊頭狗肉

【読み方】
ようとうくにく

【意味】
うわべや宣伝文句は立派だが、中身や実質がともなわないこと。

「羊頭」は羊の頭のこと。「狗肉」犬の肉のこと。

【語源・由来】
「羊頭を掲げて、狗肉を売る」の略。羊の頭を店の看板に掲げて、犬の肉を売るという意。

【類義語】
・羊質虎皮(ようしつこひ)

【対義語】
・言行一致

【英語訳】
false advertising/deceptive appearance

英語例文
羊頭狗肉の広告に釣られた。I was deceived by the extravagant advertisement.

羊頭狗肉(ようとうくにく)の使い方

ともこ
健太くんの前の席にいる太郎くんのことだけどどう思う?
健太
太郎君は口だけは達者だけど、行動が全く一致していない。羊頭狗肉も甚だしい。
ともこ
そうね、見掛けだおしで心底うんざりさせられる。
健太
自分が経験したわけでもないのに、すべてを知っているかのようなことばかり言うからがっかりする。

羊頭狗肉(ようとうくにく)の例文

  1. あの店は商品が素晴らしいかのような折り込みをいれているが、実際には使えないものばかりで、まさに羊頭狗肉だ。
  2. ページの見掛けは立派だが、中身は醜悪そのもの。羊頭狗肉という言葉を体現したようなものがある。
  3. 自分のやってきた行いをごまかすぐらいなら、素直に自分の過ちを認めるべき。羊頭狗肉なんて本人も他人も不幸にする。
  4. 写真と実物が全然違うのは羊頭狗肉ものだ。
  5. 理容院へいったが、すぐ案内できると看板にあったが、1時間待たされた。羊頭狗肉看板を書き直してください。

まとめ

見せ掛けは立派だが実物は違うといった意味になり、ごまかしの喩えとして、羊頭狗肉は使われるようになった。
類句には、「晏子春秋(あんししゅんじゅう)」の「牛首を掲げて馬肉をうる」がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事