南山之寿【なんざんのじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
南山之寿

【読み方】
なんざんのじゅ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
南山が欠けず崩れないように、事業がいつまでも栄え続くこと。転じて、長寿を祝う言葉。

【語源・由来】
『詩経』「小雅・天保」より。「南山」は終南山で、長安の南にある山。大山であることから長寿、堅固の象徴。

【類義語】
・万寿無疆(ばんじゅむきょう)
・南山不落(なんざんふらく)


南山之寿(なんざんのじゅ)の使い方

ともこ
健太くんのおじいちゃんは100歳になったのよね。南山之寿、おめでとう。
健太
ありがとう。
ともこ
まだまだ長生きをして、ギネス更新してほしいわよね。
健太
ぜひともそうしてほしいよね。

南山之寿(なんざんのじゅ)の例文

  1. 80歳になったおじいちゃんに、おめでとう南山之寿というメッセージカードを送りました。
  2. 孫たちが集まって南山之寿といって祝ってくれたので、私は幸せです。
  3. 南山之寿とみんなが祝ってくれたから、もう思い残すことはありません。
  4. 今日、南山之寿といって祝福されたその瞬間、今まで長生きしてきてよかったと思いました。
  5. 南山之寿と孫が墨と筆で書いて祝ってくれたので、思わず感涙しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事