紅粉青蛾【こうふんせいが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
紅粉青蛾

【読み方】
こうふんせいが

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
美人のこと。

【語源・由来】
杜審言「戯贈趙使君美人」より。「紅粉」は紅と白粉のこと。「蛾」は蛾の触角のように、細長い弓型の美しい眉の意味。「青蛾」は青く美しい眉のこと。

【類義語】
・紅口白牙(こうこうはくが)
・朱唇皓歯(しゅしんこうし)
・明眸皓歯(めいぼうこうし)

【スポンサーリンク】

紅粉青蛾(こうふんせいが)の使い方

健太
ともこちゃんは、紅粉青蛾だから女優になればいいのに。
ともこ
私の顔面レベルで女優になることはできないわよ。
健太
そうかなあ。原宿を歩けばスカウトされると思うけどなあ。
ともこ
原宿には、もっと紅粉青蛾な人がたくさんいるわよ!

紅粉青蛾(こうふんせいが)の例文

  1. とても紅粉青蛾な人が歩いていて、通り過ぎる人が皆、振り返って彼女を見ていました。
  2. 女優のように紅粉青蛾な人がカフェにいました。
  3. ともこちゃんのお姉ちゃんは紅粉青蛾で、ミスコンの常連です。
  4. 彼女は紅粉青蛾なので、スカウトマンの名刺を100枚くらい持っています。
  5. ともこちゃんは紅粉青蛾だから、にっこり笑うと、八百屋のおじさんがおまけをしてくれます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事