氷消瓦解【ひょうしょうがかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
氷消瓦解

「氷消」は「氷銷」とも書き、「氷」は「冰消」とも書く。また「瓦解氷消」ともいう。

【読み方】
ひょうしょうがかい

「氷と消え瓦と解く」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
物事が次々と崩れてばらばらになること。また完全になくなってしまうこと。

【語源・由来】
『魏書』「出帝平陽王紀」より。「氷消」は氷がとけて消えること、「瓦解」は瓦が崩れるようにばらばらになること。

【類義語】
・土崩瓦解(どほうがかい)
・氷散瓦解(ひょうさんがかい)


氷消瓦解(ひょうしょうがかい)の使い方

ともこ
この会社の危機が報じられてから一か月、あっという間に氷消瓦解してしまったわね。
健太
本当にあっという間だったね。
ともこ
何か打つ手はなかったのかしらね。
健太
打つ手があったら危機には陥っていないと思うよ。

氷消瓦解(ひょうしょうがかい)の例文

  1. ともこちゃんがいないこの組織は、氷消瓦解してなくなってしまうでしょう。
  2. あのチームはまだ若い、監督不在のこの状況では氷消瓦解する可能性があります。
  3. せっかく作った組織だったけれども、なり手がいなくて氷消瓦解しました。
  4. 歴史を誇っていた我らが空手部が、新入部員ゼロのため氷消瓦解してしまいました。
  5. 氷消瓦解する前に対策を講じましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事