豹死留皮【ひょうしりゅうひ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
豹死留皮

「豹は死して皮を留む」とも読む。

【読み方】
ひょうしりゅうひ

【意味】
死後に功名を残すたとえ。

【語源・由来】
豹は死んで、その美しい毛皮を残すという意味。人が生前に功績をあげ、死後に名声を残すことにたとえる。

【典拠・出典】
新五代史』「王彦章伝」

【類義語】
垂名竹帛(すいめいちくはく)
竹帛之功(ちくはくのこう)


豹死留皮(ひょうしりゅうひ)の使い方

健太
歴代の総理大臣が歴史の教科書に載っていたよ。僕も豹死留皮、歴史に名を残したいな。
ともこ
何か大きいことをしないと載せてもらえないわよね。
健太
世界同時サイバーテロとか?
ともこ
悪名を残すんじゃなくて、人類のためになることで功績を残してね。

豹死留皮(ひょうしりゅうひ)の例文

  1. 画家は豹死留皮というように、死後何百年と経っていても称えられる職業です。
  2. 豹死留皮することができたら理想だけれども、多くの人は名を残さずにこの世を去ります。
  3. がんの特効薬を開発して豹死留皮しました。
  4. 豹死留皮するために、立派な人間になろうと思います。
  5. 偉大なことを成し遂げて豹死留皮し、みんなの記憶の中で生き続けたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索