為虎傅翼【いこふよく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
為虎傅翼

【読み方】
いこふよく

【意味】
強いものがさらに力をつけること。

【語源・由来】
「傅翼」はつばさをつけること。虎のためにつばさをつける意で、強い虎にさらに空を自由に飛ぶ能力を与えるということから。

【典拠・出典】
韓非子』「難勢」

【類義語】
為虎添翼(いこてんよく)
・傅虎為翼(ふこいよく)


為虎傅翼(いこふよく)の使い方

健太
今の僕は絶好調だよ。きっと空手の大会で大活躍できるよ。
ともこ
もうすぐ空手の大会なのよね。はい、これ。必勝のお守りよ。
健太
うわあ。ありがとう。これで為虎傅翼だよ。完全無敵だ。
ともこ
うふふ。けがをしないように頑張ってね。

為虎傅翼(いこふよく)の例文

  1. あのイラストレーターが私の本の挿絵をかいてくれるなら、為虎傅翼となるでしょう。
  2. 健太くんが途中参戦したチームは、為虎傅翼となり、見事に決勝リーグへ勝ち進みました。
  3. 為虎傅翼、虎に翼を与えるように、イチゴ大福があれば、健太くんは最強になる。
  4. 為虎傅翼、頭脳明晰なともこちゃんが、スポーツ万能の健太くんと手を組めば、向かう所敵なしでしょう。
  5. 為虎傅翼、ともこちゃんがブレーンとして手伝ってくれるなんて、こんなに心強いことはない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索