革故鼎新【かくこていしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
革故鼎新

【読み方】
かくこていしん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
古い習慣や制度などを新しいものに改正すること。「故きを革め新しきを鼎る」とも読む。

【語源・由来】
「易経」雑卦伝より。「革故」と「鼎新」はどちらも新しいものにするという意味。

【類義語】
・革旧鼎新(かくきゅうていしん)
・鼎新革故(ていしんかくこ)

【スポンサーリンク】

革故鼎新(かくこていしん)の使い方

健太
ともこちゃーん。ランドセルって重いよね。
ともこ
そうね。特に荷物が多い月曜日と金曜日は死にそうになるわね。
健太
革故鼎新して、ランドセルをやめればいいのに。
ともこ
そうしてほしいわよね。これじゃあ、変質者に会った時に走って逃げることが出来ないわ。

革故鼎新(かくこていしん)の例文

  1. 古くからある茶道の世界では、革故鼎新は求められていません。
  2. 革故鼎新し、開かれた皇室を目指したそうです。
  3. 新しい監督は、革故鼎新することで飛躍的に選手の能力を伸ばすことに成功し、良い成績を残しました。
  4. 若い世代が自由に意見を述べることで、革故鼎新し、新しい時代を生き抜くことが出来る会社にしていきたいです。
  5. 時代の変化が速すぎるので、それに合わせて法を革故鼎新することは難しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事