一丘一壑【いっきゅういちがく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一丘一壑

【読み方】
いっきゅういちがく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
俗世間を離れ、自然の中に身を置いて、風流を楽しむこと。

【語源・由来】
「漢書」除伝・上より。

【類義語】
・一竿風月(いっかんふうげつ)


一丘一壑(いっきゅういちがく)の使い方

健太
毎日、毎日、テストばっかりだ。キャンプに行って、一丘一壑したいなあ。
ともこ
自然に囲まれていると頭がリフレッシュされるわよね。
健太
今すぐにでも一丘一壑したいよー。
ともこ
そのためにもテストでいい点数をとって、お母さんに許可をもらわないといけないわね。

一丘一壑(いっきゅういちがく)の例文

  1. 一丘一壑するために、軽井沢に別荘を買いました。
  2. 一丘一壑、ハイジのおじいちゃんみたいな暮らしをして、わらのベッドで寝てみたい。
  3. 一丘一壑、電気もガスも通っていなくてもいいから、自然に囲まれて暮らしたい。
  4. 今は、灰色のビルに囲まれて生活しているので、季節を感じる、一丘一壑な生活がしたいです。
  5. 一丘一壑、携帯電話と離れ、自然の音に耳を澄ます生活は、寂しいどころか、案外、快適でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事