飲至策勲【いんしさっくん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
飲至策勲

【読み方】
いんしさっくん

日本漢字能力検定
2級

【意味】
戦に勝利して、先祖の霊に報告して酒を酌み交わし、戦の功績を竹の札に書き記すこと。「飲至」は君主の先祖を祀っている宗廟で、戦の報告をして酒を酌み交わすこと。「策勲」は功績を竹の札に書いて賞を与えること。「飲至し策を勲ず」とも読む。

【語源・由来】
「春秋左氏伝」桓公二年より。

【類義語】
・飲至之礼(いんしのれい)


飲至策勲(いんしさっくん)の使い方

ともこ
健太くん。空手の大会で優勝おめでとう。
健太
ありがとう。毎日の努力が結果になってよかったよ。
ともこ
昨日はお祝いをしたの?
健太
うん。飲至策勲、仏壇にトロフィーをお供えして、祝優勝って書いた紙を貼って、みんなでお寿司を食べたよ。

飲至策勲(いんしさっくん)の例文

  1. 受験に合格したので、お墓参りして飲至策勲をしよう。
  2. 無事に就職が決まったので、生前僕を一番かわいがってくれたおばあちゃんに手を合わせ、飲至策勲しました。
  3. 異例の昇進をしたのは先祖のおかげだと思っているので、仏前に報告し、飲至策勲しました。
  4. メダルを取ることが出来たので、亡き祖父に報告し、飲至策勲しました。
  5. 亡き父の悲願だった勝利を得ることが出来たので、遺影に報告し、飲至策勲しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事