飲水思源【いんすいしげん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
飲水思源

「水を飲みて源を思う」と訓読します。

【読み方】
いんすいしげん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
物事の基本を忘れないことのたとえ。
お世話になった人の恩を忘れないこと。

【語源由来】
出典は癒信(ゆしん:北周の詩人)による『徴調曲』から。水を飲むときにその水源に思いを馳せることから転じました。

【類義語】
・飲水知源(いんすいちげん)
・飲流懐源(いんりゅうかいげん)

【対義語】
・得魚忘筌(とくぎょぼうせん)

【英語訳】
・be grateful


飲水思源(いんすいしげん)の使い方

健太
先生どうしているかな。
ともこ
どうしたの?
健太
海外へのショートステイが決まったんだけど、英語の先生に報告がてら手紙を書こうと思って。
ともこ
そうね! 飲水思源してこそ、これからも英語の勉強がんばれるものね!

飲水思源(いんすいしげん)の例文

  1. 彼の先生に対する振る舞いは飲水思源からかけ離れたものだった。
  2. この作品は、作者の恩師に対する飲水思源がモチーフとなったと言われている。
  3. 栄華におごることなく、飲水思源して事に当たるよう常に心がけています。
  4. 君は飲水思源することがないのか? これは自力のみでやれることではないぞ。
  5. 古典芸能で大切なのは、いにしえの踊り手にどれほど飲水思源しえるか、その上でわれわれ現代人が思いを踊りにこめられるかにあります。
  6. 飲水思源すれば、恥ずかしくてそんなことできません。

まとめ

この四字熟語は特に「人から受けた恩を忘れずにいる」ことが中心となっています。
人は悲しいかな、日々の忙しさなどから他者から受けた恩を忘れてしまいがち。また、成功に浴しているときなどは、特にそうしたことを見失いがちになります。
この四字熟語はそうした人の弱さをかばいつつ、忘れないように私たちに伝えてくれているのかも知れません。
ことさらに恩に対して感謝しなくても良いのです。ただ恩を受けたことを忘れずにいることが大切。恩に対して謙虚に、誠実であることが生きていく上で大切なのかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事