門前雀羅【もんぜんじゃくら】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
門前雀羅

【読み方】
もんぜんじゃくら

【意味】
訪ねてくる人が全くいないさびしい様子のこと。「門前雀羅設くべし」を略したもので、主に「門前雀羅を張る」という形で使う言葉。

【語源・由来】
「雀羅」は鳥のすずめを捕まえるときに使う網のこと。人の気配がないため、門の前にたくさんのすずめが集まっており、網を設置すれば捕まえられるほどであるという意味から。「史記」汲鄭伝より。

【スポンサーリンク】

門前雀羅(もんぜんじゃくら)の使い方

健太
このパンケーキ屋さんは、あんなに行列ができていたのに、いまでは門前雀羅を張っているね。
ともこ
そうね。同じようなパンケーキを食べることが出来る店が増えたからね。
健太
ああ。流行が過ぎ去ったわけじゃないんだね?分散されたんだね。
ともこ
そうね。以前ほどじゃないけれども、パンケーキの人気は根強いと思うわよ。ここから生き残るには、ひと工夫しないといけないわね。

門前雀羅(もんぜんじゃくら)の例文

  1. 食中毒を起こしてから、門前雀羅を張っています。
  2. かつての名宿も、経営者が変わってからは、門前雀羅を張っています。
  3. 本を読む人が減り、この本屋は、門前雀羅を張っています。
  4. チームの低迷が続き、サポーターが離れ、彼らの試合は門前雀羅を張っています。
  5. 料理長が辞めたので、味が落ち門前雀羅を張っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事