得魚忘筌【とくぎょぼうせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
得魚忘筌

【読み方】
とくぎょぼうせん

「魚を得て筌を忘る(うおえてうえをわする)」とも読む。

【意味】
目的を達成するまでに役に立っていたものを達成したあとには忘れること。

【語源・由来】
「荘子」外物より。「筌」は魚を捕まえるために水の中に設置する竹のかご。魚を捕まえたあとは、筌のことを忘れるという意味から。

【類義語】
・狡兎良狗(こうとりょうく)
・鳥尽弓蔵(ちょうじんきゅうぞう)
・得兎忘蹄(とくとぼうてい)
・兎死狗烹(としくほう)
・忘恩負義(ぼうおんふぎ)

【スポンサーリンク】

得魚忘筌(とくぎょぼうせん)の使い方

ともこ
健太くん。よかったわね。テストで70点をとったんでしょう?ようやく0点から脱却出来たわね。
健太
うん。僕もやればできるってことだね。ちょっと勉強したら70点取ることが出来たんだから、僕って天才かも。
ともこ
得魚忘筌、私の指導のおかげってことを忘れてない?
健太
あっ、忘れてた。いやいや、忘れてないよ!そうそう、ともこちゃんの教え方がうまかったからだよ。あははは。

得魚忘筌(とくぎょぼうせん)の例文

  1. 健太くんは、得魚忘筌、独りで大きく成長したと勘違いしています。
  2. 師匠への感謝の気持ちを忘れるなんて、得魚忘筌、由々しきことです。
  3. 自分のために尽力してくれた秘書を切るなんて得魚忘筌です。
  4. 得魚忘筌、誰のおかげでアイドルとして成功できたか忘れた人は、芸能界で生き残ることはできません。
  5. 得魚忘筌、受けた恩を忘れるなんて道義に外れたことをしてはいけません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事