一髪千鈞【いっぱつせんきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
一髪千鈞

【読み方】
いっぱつせんきん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
この上なく危険なことのたとえ。「鈞」は中国の昔の重さの単位で、「一鈞」は周の時代では約八キログラム、唐の時代では約二十キログラム。髪の毛一本で千鈞の重さがあるものを吊り下げるという意味から。「一髪、千鈞を引く」を略した言葉。

【語源・由来】
韓愈「与孟尚書書」より。

【類義語】
・一縷千鈞(いちるせんきん)
・一触即発(いっしょくそくはつ)
・危機一髪(ききいっぱつ)
・剣抜弩張(けんばつどちょう)
・累卵之危(るいらんのき)

【スポンサーリンク】

一髪千鈞(いっぱつせんきん)の使い方

ともこ
健太くん。こんなつり橋を渡るなんて一髪千鈞よ。
健太
ともこちゃんは、そこで待っていて。僕が渡って助けを呼んでくるから。
ともこ
いつ綱が切れてもおかしくないような橋よ。無理よ。
健太
大丈夫さ。見てて。よーし!・・・ほら渡れた。すぐ助けを呼んでくるからねー。

一髪千鈞(いっぱつせんきん)の例文

  1. 素人が冬山にのぼるなんて、一髪千鈞です。
  2. 潮の流れが速いこの海で泳ぐなんて一髪千鈞で、地元の人なら泳ぎません。
  3. 健太くんを怒らせるなんて一髪千鈞ですよ。
  4. 取り残された人を助けに火事の中に飛び込むなんて一髪千鈞です。
  5. 命綱を付けずに、この高さをのぼるなんて一髪千鈞だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事