一銭一厘【いっせんいちりん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
一銭一厘

【読み方】
いっせんいちりん

日本漢字能力検定
3級

【意味】
ほんの少しの金銭のこと。または、非常に少ないこと。「銭」と「厘」はどちらも昔の金銭の単位で、「銭」は一円の百分の一円の単位、「厘」は一円の千分の一円の単位。

【類義語】
・一文半銭(いちもんはんせん)
・一紙半銭(いっしはんせん)

【スポンサーリンク】

一銭一厘(いっせんいちりん)の使い方

ともこ
健太くん。泣きそうな顔をしてどうしたの?
健太
おこづかいをくれるって言うから、庭の草むしりをがんばったのに、一銭一厘、50円しかもらえなかったんだ。
ともこ
あら。それは悲しいわね。でもこのきれいな庭を見てよ。健太くんのおかげですっきりしたじゃないの。
健太
うーん。なんだか納得できないけど、庭がきれいなのは良いことだよね。

一銭一厘(いっせんいちりん)の例文

  1. 初任給はいろいろ引かれて、一銭一厘でした。
  2. 僕のお財布には、いつも一銭一厘しかはいっていません。
  3. 一銭一厘のまちがいなく正確に計算し、報告しなければいけません。
  4. 彼は、奥さんが使ったお金を一銭一厘まで管理したがりました。
  5. ともこちゃんは、ものすごくはやいスピードで一銭一厘の間違いも無い計算をしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事