一宿一飯【いっしゅくいっぱん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
一宿一飯

【読み方】
いっしゅくいっぱん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
一晩泊めてもらったり、一度食事をめぐまりたりするという意味から、ちょっとした世話になるということ。また、ちょっとした恩義でも忘れてはいけないという戒めの言葉。

【語源由来】
一宿一飯の「一宿」は旅先などで一晩泊めてもらうこと、「一飯」は一回の食事をご馳走になるという意味。

【類義語】
・一飯之恩(いっぱんのおん)
・一飯之報(いっぱんのむくい)

【英語訳】
a meal and a night’s lodging

英語例文
彼には一宿一飯の恩がある。
I owe him a meal and a night’s lodging
【スポンサーリンク】

一宿一飯(いっしゅくいっぱん)の使い方

ともこ
終電に間に合わないのに1円も持ってないなんて危ないよ!もっと考えないと。今日は私がいたからよかったけど。。。
健太
ともこちゃん本当にありがとう!すっごく助かったよ、どうしようかと思ったもん。なんか安心したらお腹すいてきた。
ともこ
もう、それじゃあ簡単なものだけど作るから待っててね。
健太
ありがとう!ともこちゃんには一宿一飯の借りができたね。なんか困ったことがあったら何でも言ってよ

一宿一飯(いっしゅくいっぱん)の例文

  1. 俺の弟はいつもお金がなく、俺の家に転がり込んではご飯を食べたり、勝手に泊まっていったりもする。一宿一飯の恩を返されたくらいでは全く足りない。
  2. 私の尊敬するあの先生には学生時代に大変お世話になった。勉強だけでなく食事や寝るところに困ったときも嫌な顔一つせずいつでも迎え入れてくれた。彼には一宿一飯以上の恩義がある。なんとか私も自立して恩返しをしたいと思う。
  3. 困ったときに食事をさせてくれた彼が悪党だなんて思ってもみなかった。一宿一飯の恩義があるのはわかっているが、やはり彼は許すことができない。
  4. 私は困った人を見捨てることができないたちだ。昨日も見ず知らずの人を家に泊め、食事もさせた、一宿一飯の恩義だなんだと言っていたが、そう大げさに受け取られると逆に困ってしまう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事