異体同心【いたいどうしん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
異体同心

【読み方】
いたいどうしん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
肉体は違っても、心はお互いに一致していること。関係がきわめて深いたとえ。

【語源・由来】
「異体」は、それぞれの見かけ、個性、特質、立場などが異なることです。「同心」は、志、目的を同じくすること。身体は異なるが、心は同じという意から。特に、夫婦や非常に親しい人の間柄に多く用いる。

【類義語】
・一心同体(いっしんどうたい)
・形影一如(けいえいいちにょ)
・寸歩不離(すんぽふり)

【英語訳】
perfect harmony between two persons

英語例文
彼と私は異体同心だ。He and I are different from each other.

異体同心(いたいどうしん)の使い方

ともこ
健太くん、私の親友が引っ越しをすることになったの。とっても悲しい。
健太
そうなんだ。そんなに悲しまないで、これからもずっと友だちでいられるよ。
ともこ
いつどこにいても、心はつながっているから異体同心、関係は深く、離れていても一つだからと思うけど、遠く離れてしまうことが悲しい。
健太
お互いに思いは一緒なんだから遠くにいても、いい関係でいくからお互いを大切にしてね。

異体同心(いたいどうしん)の例文

  1. 私たちは目的を同じくする異体同心、立場が違うけど心は一つだ。
  2. 家族の中に深い信頼関係が存在し、異体同心、結びつきの強い特別なものである。
  3. 親孝行をし、兄弟姉妹・夫婦は仲良く、そして子どもは愛情込めて育てることは異体同心である。
  4. 人と出会い、経験をし、唯一無二の異体同心の友とも出会える。
  5. 病の妻を夫と子どもで見守る、異体同心、心は永遠につながっている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事