身体髪膚【しんたいはっぷ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
身体髪膚

【読み方】
しんたいはっぷ

日本漢字能力検定
4級

【意味】
からだ全体のこと。

【語源・由来】
『孝経』「開宗明義賞」より。からだと髪の毛と皮膚で、からだ全体をいう。父母から受けついだ大切なものの意味がこめられている。

出典に「身体髪膚之を父母に受く、敢えて毀傷せざるは孝の始めなり」とある。

身体髪膚(しんたいはっぷ)の使い方

ともこ
まあ。健太くん。そんなところに登ったら危ないわよ。けがをしたらどうするの?
健太
平気だよ。ほら、片足で立つこともできるよ。
ともこ
やめなさいよ。身体髪膚、無傷で産んでくれたお母さんに申し訳ないと思わないの?
健太
けがをしたら、心配をかけてしまうよね。やめておくよ。

身体髪膚(しんたいはっぷ)の例文

  1. 水泳は、身体髪膚を使うスポーツなので、鍛えたいなら一番お勧めしますよ。
  2. ゲリラ豪雨にあってしまい、身体髪膚、びしょぬれになってしまいました。
  3. ともこちゃんのお父さんと会った時に、頭の天辺から足の爪先まで、身体髪膚をじろじろ観察され、値踏みされている気分でした。
  4. 身体髪膚、鳥肌が立つような恐怖を味わいました。
  5. この人体模型を使えば、身体髪膚、内臓まで学ぶことが可能です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事