乗桴浮海【じょうふふかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
乗桴浮海

【読み方】
じょうふふかい

「桴に乗りて海に浮かぶ」とも読む。

【意味】
世を嘆き、逃げ出すこと。

「乗桴」は、いかだを操縦する。「浮海」は、船などで海へ出ること。

【語源・由来】
『論語』「公冶長」より。いかだに乗って、陸を離れ海へ逃げるという意味から。


乗桴浮海(じょうふふかい)の使い方

健太
勉強、勉強ってうるさく言われるから、乗桴浮海したいな。
ともこ
健太くんが勉強をすれば言われなくなるわよ。
健太
したくないんだよ。
ともこ
勉強しないまま、乗桴浮海しても、生きていく知恵がなくて、健太くんは三日ともたないと思うわ。まずは勉強ね。

乗桴浮海(じょうふふかい)の例文

  1. ともこちゃんは理不尽な目にあって、乗桴浮海したいと思った。
  2. 乗桴浮海したいなと思うことが多々あるけれども、幸せな瞬間のおかげで踏みとどまっている。
  3. ともこちゃんは、健太くんに振られたら乗桴浮海したくなるだろうと思い、告白していない。
  4. 乗桴浮海したくなった健太くんのお兄さんは、今、無人島に一人で住んでいる。
  5. ともこちゃんは、乗桴浮海したくなった時は、海を眺めてやり過ごす。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事