傷風敗俗【しょうふうはいぞく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
傷風敗俗

【読み方】
しょうふうはいぞく

「風を傷り俗を敗る」と訓読する。

【意味】
よい風俗を乱して、社会を害すること。

「傷」は傷つけ損なう。「敗」はやぶり損なう。「風」「俗」は風俗・風紀の意。

【語源・由来】
『魏書』遊明根伝

【類義語】
・傷化敗俗(しょうかはいぞく)
・敗俗傷化(はいぞくしょうか)
・風紀紊乱(ふうきびんらん)
・風俗壊乱(ふうぞくかいらん)


傷風敗俗(しょうふうはいぞく)の使い方

ともこ
健太くんの校則を破る行為は傷風敗俗よ。
健太
僕の真似をしようとする奴がだめなんだよ。
ともこ
一個でも腐ったリンゴがあると、箱の中のリンゴはどんどん腐っていくのよ。
健太
全員腐ればいいさー。

傷風敗俗(しょうふうはいぞく)の例文

  1. 令和の時代にも昭和のような傷風敗俗な生徒はいるんだろうか。
  2. 男女交際は傷風敗俗ということで、学校で禁止されている。
  3. ともこちゃんは若者に影響力がある上に、彼女の発言は傷風敗俗だから厄介だ。
  4. 健太くんが、傷風敗俗な生徒に引きずり込まれないよう、学区選びには慎重になった。
  5. その町は傷風敗俗な人たちが多い治安が悪い地域で有名です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事