夜郎自大【やろうじだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
夜郎自大

【読み方】
やろうじだい

日本漢字能力検定
4級

【意味】
自分の力量を知らずに、いばっている者のたとえ。

「夜郎」は中国漢の時代の西南の地にあった未開部族の国の名。「自大」は自らいばり、尊大な態度をとること。

【語源・由来】
「史記」西南夷伝より。

【類義語】
・井蛙之見(せいあのけん)
・井底之蛙(せいていのあ)
・尺沢之鯢(せきたくのげい)
・用管窺天(ようかんきてん)
・遼東之豕(りょうとうのいのこ)


夜郎自大(やろうじだい)の使い方

ともこ
健太くん。最近空手の練習を熱心にやっているわね。
健太
うん。先生に、道場の中で一番強いからって夜郎自大になっているから、空手の大会にでて、強豪がたくさんいることを知りなさいって言われたんだ。
ともこ
それはいいことよね。
健太
うん。どんな強い選手がいるのか、今から楽しみなんだよ。

夜郎自大(やろうじだい)の例文

  1. 彼の発言は、夜郎自大以外のなにものでもない。
  2. クラスで一位になったからって威張るな、せめて、学年で一位になってからにしないと夜郎自大だ。
  3. 自分は天才かもと思っていたのだが、夜郎自大でした。
  4. ピアノのコンクールで他の人の演奏を聴き、夜郎自大だったことを知りました。
  5. あの村の中では神童だったけれども、夜郎自大でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事