滄海桑田【そうかいそうでん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
滄海桑田

「桑田滄海」ともいう。

【読み方】
そうかいそうでん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
世の変転のはなはだしいたとえ。

【語源・由来】
『神仙伝』より。「滄海変じて桑田となる(青海原が桑畑に変わる)」という意味から。

【類義語】
・滄桑之変(そうそうのへん)
・桑田碧海(そうでんへきかい)
・東海桑田(とうかいそうでん)
・滄海揚塵(そう かいようじん)


滄海桑田(そうかいそうでん)の使い方

健太
ここはこの前まで空き地だったよね?
ともこ
滄海桑田よね。もうビル街になっているわ。
健太
まるでタケノコがにょきにょき生えてくるかのように、ビルが建ったね。
ともこ
そして明日にはなくなっているかもしれないわよ。

滄海桑田(そうかいそうでん)の例文

  1. ちょっと前までここは山だったのに、滄海桑田、切り開かれて新しい街になっています。
  2. 滄海桑田というように、上海の町は訪れるたびに変わっていく。
  3. この町の成長は止まることを知らず、滄海桑田、常に変化し続けています。
  4. がれきだらけだった街は、滄海桑田というように、復興し立派な街に生まれ変わりました。
  5. 戦争の後は、草木も生えないんじゃないかという様子だったけれども、滄海桑田、多くの人が暮らす都市としてにぎわっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事