魁塁之士【かいるいのし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
魁塁之士

【読み方】
かいるいのし

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
立派な体格をした人のこと。「魁塁」は他よりすぐれてたくましいこと。

【語源・由来】
「漢書」飽宣伝より。

【スポンサーリンク】

魁塁之士(かいるいのし)の使い方

ともこ
健太くん。空手を始めてから魁塁之士になったわよね。急にたくましくなったから、後ろ姿ではだれかわからなかったくらいだわ。
健太
そう?言われてみれば、空手を始める前より筋肉が付いたかもしれないね。
ともこ
力こぶを作ってみてよ。
健太
うん。いいよ。うわあ。われながらすごい力こぶだな。ほれぼれしてしまうよ。

魁塁之士(かいるいのし)の例文

  1. 彼は、魁塁之士だから、今は素人でもいずれはすごい選手になると思うよ。
  2. 健太くんは、小さいころから魁塁之士で、いろんな人からスポーツ選手になるように勧められていました。
  3. 全国大会には、魁塁之士がたくさんいて、弱気になってしまいました。
  4. お兄ちゃんは魁塁之士なのに、弟の健太くんは、もやしのようにひょろひょろしていて弱そうです。
  5. おじいちゃんは90歳になった今でも鍛錬を続けているので、魁塁之士で、僕はいまだに勝ったことがありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事