加減乗除【かげんじょうじょ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
加減乗除

【読み方】
かげんじょうじょ

【意味】
四種類の基本的な計算方法を総称した呼び名。足し算、引き算、かけ算、割り算。

【類義語】
・四則演算(しぞくえんざん)


加減乗除(かげんじょうじょ)の使い方

ともこ
健太くんのお父さんはピアニストなのよね。
健太
そうなんだ。小さいころからピアノの練習ばかりしていたから加減乗除ができないんだ。
ともこ
あらっ。お釣りをごまかされたら大変ね。
健太
そうなんだよ。だから、僕がチェックしてあげないとだめなんだよ。

加減乗除(かげんじょうじょ)の例文

  1. 健太くんは加減乗除が理解できないので、微積分など到底理解することはできない。
  2. 加減乗除までなら教えてあげることはできると思う。
  3. 和差積商は、加減乗除の答えだ。
  4. 跡継ぎの健太くんは、加減乗除をしっかり身につけるためにそろばんを習わされた。
  5. 加減乗除が得意だった人たちの多くが、算数から数学という名になった途端、文系に転ずる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事