一徳一心【いっとくいっしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一徳一心

【読み方】
いっとくいっしん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
多くの人が、共通の利益のために心を一つにして団結すること。「徳を一にし心を一にす」とも読む。

【語源・由来】
「書経」泰誓より。

【類義語】
・一致団結(いっちだんけつ)
・同心同徳(どうしんどうとく)


一徳一心(いっとくいっしん)の使い方

健太
いやあ。ともこちゃんのクラスは、本当に強かったね。
ともこ
一徳一心でがんばったからね。綱引きは力ではなく一徳一心が大切なのよ。
健太
僕たちのクラスには力自慢の生徒は多いけれども仲が悪いからね。
ともこ
学校代表として、県大会で優勝を目指すわよ!

一徳一心(いっとくいっしん)の例文

  1. 一徳一心で力を合わせ、なんとか締め切りに間に合わせました。
  2. 社長も社員も一徳一心となってがんばったおかげで、経営危機を乗り越えました。
  3. 一徳一心で、みんなで署名を集め、図書館の存続を市に訴えかけました。
  4. 一徳一心となり練習したおかげで、音楽会での演奏は聴衆の心を打ちました。
  5. 先生と親が一徳一心となって、子供たちのために園庭に築山を作りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事