環堵蕭然【かんとしょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

環堵蕭然

【読み方】

かんとしょうぜん

日本漢字能力検定
1級

【意味】

荒れ果てていて非常に狭く質素なみすぼらしい家の様子。

【語源由来】

中国の文学者、陶潜の著した『五柳先生伝』より、「環堵蕭然、風日を蔽わず」という記述から。
「堵」は長さの単位。「環堵」とは四方が、一堵(約2.2m)で囲まれた小さな家やその堀、垣をさす。
「蕭然」は寂しい様子、荒れ果てており寂しい様子から。

【類義語】
・家徒四壁(かとしへき)
・環堵之室(かんとのしつ)

【英語訳】
・in a cold, bare room
・nothing with in the four walls abject poverty
・the walls are quite bare
・Ring desolate block

「環堵」、つまり約2.2㎡の広さは京間の畳でいうと、およそ1.2畳の広さです。とても狭いということが分かりますね。
【スポンサーリンク】

環堵蕭然(かんとしょうぜん)の使い方

ともこ
そういえば、君は一人暮らししているんだっけ?私も近頃一人暮らしを始めようと思うんだけど、話聞かせてくれるかな?
健太
僕はとにかく安い家を探してたからなあ。パッと不動産屋さんに入って数件内見したよ。
ともこ
そうなんだ。あまりに安すぎる物件はそれはそれで心配だけど。君の物件はどんな感じなの?
健太
築40年の1Kだから、入居前は環堵蕭然とでも思っていたけれど、綺麗にして住んでみれば駅も近いし静かだし、快適だよ。いい物件が見つかるといいね。

環堵蕭然(かんとしょうぜん)の例文

  1. 環堵蕭然と人々にいわれているこの家も、住んでいる主からしてみれば快適な物である。
  2. 昔は家族が賑やかに過ごしていたであろうあの家も、今や環堵蕭然の有様である。
  3. かの有名な漫画家も下積み時代は環堵蕭然の小さな一間で生活していたと言われている。
  4. 彼は身なりには人一倍気を遣っているが、家にはこだわりが無いようで、彼の家はまるで環堵蕭然だ。
  5. 環堵蕭然ともいえる家が、リフォームでこれほどオシャレな物件に変貌するとは思わなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事