屋烏之愛【おくうのあい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
屋烏之愛

【読み方】
おくうのあい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
溺愛、盲愛のたとえ。「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。

【語源・由来】
「説縁」貴徳より。その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏さえも愛おしくなること。

【類義語】
・愛屋及烏(あいおくきゅうう)
・愛及屋烏(あいきゅうおくう)


屋烏之愛(おくうのあい)の使い方

健太
僕のクラスメイトがともこちゃんのことを好きなんだって。
ともこ
へえ。どの子かしら?
健太
あの子なんだけど、屋烏之愛で、ともこちゃんの消しゴムのカスすら愛おしいんだって。
ともこ
あまりうれしくないわ。

屋烏之愛(おくうのあい)の例文

  1. 屋烏之愛、彼女の鬼のような怒った顔も、すべてがいとおしく、かわいく見える。
  2. 屋烏之愛、私は犬の糞を拾うなんて嫌だけど、飼い主の皆さんは愛しそうに飼い犬の糞を回収しています。
  3. 彼女は犬が嫌いだったけれども、彼氏が犬好きなので、屋烏之愛で犬をかわいがっています。
  4. 屋烏之愛、辛党だった健太くんは彼女の影響で甘党になりました。
  5. 屋烏之愛、フランス映画に興味がなかった彼は、彼女とデートするうちに好きになったそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事